バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

Lohas的テレビの買い方、見方

2012年には、アナログ放送が停止し、現在のテレビでは見れなくなるから、買い換えなければ、という論理は間違っています。

デジタルチューナーを買って、今あるテレビに接続すればよいのです。しかしチューナー単体は、高価ですので、デジタルチューナーつきのDVDレコーダーを買うのが現時点では正解です。DVDレコーダーつき、7、8万円くらいの出費で済みます。(価格.comでの買い方参照
大型テレビはまだまだ安くなりますし、ブラウン管テレビの一般的に言うところの画質はまだまだ優れています。

しかし、大画面テレビが欲しい!となった場合、どうすればよいのでしょうか。これからわざわざ場所をとるハイビジョンブラウン管テレビを購入するのは、間が抜けていますし、最大で36インチまでしか選択肢がありません。消費電力の小さいのは、リアプロジェクションテレビですが、店頭で確認したところ、やはり画面の輝度が足りなく、フォーカスが甘いと感じました。

ということで、現在は、買うのは「待ち」、あるいはどうしても欲しければ、フルハイビジョンスペックでHDMI端子つきの大画面液晶またはプラズマを、価格.comで安くなったら、「買い」と考えています。通常、次期モデルの発売時に、旧モデルが安くなりますので、そのときが狙い目です。プラズマの最大消費電力はカタログ上は大きいのですが、通常の映像を見る場合の消費電力は、液晶と大差ない、というのが実情のようです。

良く見る番組は、英国生活、MDM(BSFuji)、建てもの探訪、BBC地球伝説(BSasahi)、NHKの動物もの(ハイビジョンで)、リフォームの魔法(BSJapan)、子供番組、ニュースなどです。見る時間を決めて、見終わったらすぐに消すようにしています。子供に見せ続けないために、切りの良いところで、すぐに消すことが、電気代の節約にもなります。

2006年10月
ハイビジョンで動物もの、世界紀行もの、恐竜、昆虫など、学校の授業だけでは伝わらないリッチな映像コンテンツ、これを子供が見ると本当に喜びます。NHKの受信料も喜んで払いたくなります。民放では、世界不思議発見!などいかがでしょうか。教科書の地理の勉強よりも、ずっと面白いし、頭に入りますよ。

2007年2月
テレビをつけるのは簡単、しかし消すのが難しい。ついだらだらと見てしまい、子供のお手本になれません。これからは、あらかじめ番組表で、テレビがつく時間を設定しておいて、その時間だけテレビがつくような、そんな子育て(親育て)機能が欲しいところです。
DVDレコーダーで予約しておき、翌日にその録った番組だけを見るという方法も有効だと思います。
最近のよく見る番組
動物もの、恐竜もの、プリキュア、まるこちゃん、サザエさん、建もの探訪、天才テレビくん、ニュース、BBC地球伝説、CGTV。

2007年4月
大画面もハイビジョン画質も、慣れてきます。やっぱり問題はコンテンツ。本当に見たいと思える番組だけを見る、そうすると多少消費電力が大きくても、見る時間が短ければ、エコになります。350Wの消費電力でも、1日2時間視聴ならば、1ヶ月に20kWh電気代にして、450円くらいですから、それほど問題になりません。テレビをつけるのは簡単、リモコンのスイッチのみ、それよりも見終わってからあっさりと切るのが難しいのです。

エコを意識してテレビを見ると、1週間に7時間くらいに減りました。子供番組が5時間くらい、大人が見るのが2時間くらいです。1ヶ月8kWh、電気代200円くらいですから、大型テレビでも十部エコでしょう。それにテレビの中の出演者の、あははという笑顔を見せられて、実際の自分はそれほど楽しくないって、なんか腹が立ちませんか?

2007年6月
週に5時間視聴になりました。子供が番組を見終わった後で、自分でテレビを切れるようになりました。集中して見る、見終わったらすぐに切る、ということができるようになりました。
NEWS