バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

石油ファンヒーター

手入れさえすれば、ずっと使えます。三菱電機製の石油ファンヒーター2台を、15年以上使っています。一度壊れましたが、5000円くらいで点火部分を修理しました。あと重要なのは埃の掃除。何年か使うと、内部にうずたかく埃がつもります。突然消えるようになったら、ドライバーであけて、埃をティッシュで取り除くだけ。また快調に戻ります。コンセントを抜いて、やってみてください。

日ごろからメンテナンスすること。壊れたら修理すること。壊れたらいいネタができたと喜んで、ホームページを更新すること。それだけです。電化製品でも、古くなると、いい味が出てきます。

2007年3月
今年も、パネルをはずして、ほこりの掃除をしました。ねじを4箇所ずつくらいはずして、前面パネルと後面のファンをはずし、積もっているほこりをティッシュで拭いたり、掃除機で吸い取ったりするだけです。着火しても消えてしまったり、不完全燃焼のいやなにおいがするときは、効果的です。これであと2年、通算20年はもつのではないでしょうか。年に一回の日曜日のお父さんの仕事として、どうでしょうか。

今年の灯油消費量は、18リットル缶14本の約250リットル。CO2排出は、約575kgでした。去年のガス+灯油の暖房よりも約200kgCO2排出を削減しました。暖冬の影響もあるでしょうが大きく削減しました。暖房費も少なくすみました。。

2007年12月
今年もファンヒーターの季節がやってきました。今年はコロナのファンヒーターを一台購入。最小燃費が60ml/時間ということで、最小の炎で運転すれば、18リットル300時間暖房することができるという優れものです。とりあえず11月は、灯油約18リットルで乗り切りました。12月はなんとか36リットルで乗り切る予定ですが、さてどうなりますか。奈良は朝晩結構冷えます。

2008年2月
1月は54リッター消費しましたが、暖冬の去年よりも18リットル少なくなっています。部屋を小さく仕切り、その中だけを暖房し、ファンヒーターの最小燃費で暖めるのが効率が良いようです。もちろんセーター1枚厚着をするのもお勧め。12度に設定しておいても、室温は18度くらいにはなります。あとは靴下で足元を温かく。

NEWS