バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

肉と魚

1週間の献立で、肉と魚が大体半々になるように気をつけています。


国産輸入問わず、まずはある程度安くておいしいものを選んでいます。加工品は、内容と味を見て、納得できるものを購入します。そして脂肪の少ないもの。


旬のもの、新鮮なものを選んでいます。ぶりの「あら」や「かま」、鯛のおかしらなども良く買い、煮たり焼いたりしますが、最近は人気なのか値段が高めになってきました。旬のものが安いようです。

2006年9月
秋刀魚のおいしくて安い季節がやってきました。今年2度目の生さんまの塩焼きを食べましたが、さんまにはやっぱり大根おろしがおいしいね、という家族の結論でした。焼いてぶちぶち油が音を立てているところへ、しょうゆをジャッとかけて、はふはふ言いながら、大根おろしで包んで食べる。旬のものを安くおいしく食べる、これもロハスだと思います。

2007年2月
マグロの漁獲枠の割り当てが少なくなり、値段が上がっているとか。こういうときは、食べなきゃよいのです。魚介類でねらい目は、貝類。中国産ですでに砂もはいてあるアサリやハマグリなど、鍋やイタリアンによいですよ。子供もよく食べます。
肉で最近のマイブームは、豚のかたまり肉。ひれ肉は600円くらいで厚切りのひれカツがたっぷり食べられますし、薄切りにして野菜炒めにしても食べやすい。もも肉のとんかつもおいしい。ローカロリーです。ばら肉は角煮が簡単。国産にこだわらなくても、十分おいしいです。

2007年9月
今年もサンマの季節がやってきました。刺身でも食べられるサンマを脂を少し落とすくらい焼いて、大根おろしとしょうゆで頂きいただきました。この季節だけの贅沢。
肉も魚も結構値上がりしているようです。
そろそろぶり大根もおいしい季節です。

NEWS