バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

水道水

物の本によると、ミネラルウォーターに比べて、水道水のほうが、水質基準が厳しいそうです。しかしにおいが気になる。日によって、少し塩素くさかったり、藻のにおいがすることもあります。

というわけで我が家では、浄水器をつけて、水道水を飲んでいます。そして大事なのは、冷やさないこと。胃腸をいたわるため、できるだけ冷たくない水(それでもおいしい、匂いのない)をたっぷり飲んでいます。ペットボトルのゴミもでません。

そして大事なのは、ちょっといいグラスで飲むこと。うちはイッタラ社のアイノアアルトという50年前にデザインされた厚手のグラス(900円から)を使っていますが、グラスにこだわるだけで、水の味が2割増しになります。おいしく感じるのです。お気に入りのグラスで飲んでみてください。水道水を飲んでいるだけなのに、なんとなく贅沢した時間を過ごしているような気になります。好きなグラスを使うだけで、ミネラルウォーター代が浮いてしまうのです。

財布にもやさしい。環境にもやさしい。眼にもやさしい。体にもやさしい。

日本には、おいしい水道水がある。それが私の結論です。


2006年8月
水筒を持とう
ペットボトル6本で、CO2排出が1kgの節約になります。
週に2本飲むとすると、年間100本分、CO2が17kg分の節約になります。
そして何より、15000円分の節約になります。最新型の魔法瓶型水筒を購入できる金額です。ペットボトルの中身はお茶や水、家で詰めていけば、原価ただです。

変わりにおいしい茶葉を購入してはいかがでしょうか。100g1000円で、水筒50本分くらいになりますよ。200杯分のお茶です。水ならばもっと安い。浄水器代のみです。

レジ袋をやめて、マイバッグ、ペットボトルをやめて、水筒、本当の贅沢とは何でしょう。

お気に入りの水や茶葉を選んで、ゆっくり急須で入れる時間、楽しみましょう。

イッタラ製の強化ガラスでできた真空断熱水筒なんてあると面白いかも。

2006年11月
タイガーの魔法瓶型水筒を手に入れました。天気の良い休日に、公園で遊んだあと、ベンチで子供といっしょに水筒の水を飲む、それだけで、なんとなくほんわかしたいい時間を過ごしているなと思えます。これがペットボトルだったら、絵にならないんじゃないでしょうか。コンビニに寄って、飲み物買うついでに、あれ買ってとせがまれることもない、平穏な休日です。そしてもちろんゴミが出ません。冬は温かいほうじ茶をどうぞ。こちらも

2007年2月
新聞によると、フランスでもミネラルウォーターメーカーが水道水よりも健康によいと宣伝して、問題になっているようですね。あらためて水道と水道水の価値が見直されているようです。水筒、特に魔法瓶型の水筒も見直してよいと思うのですが、もうちょっとモダンなデザインが出たら、皆さん手に入れたいと思うのではないでしょうか。あとはもうちょっとコンパクトになったら、かばんに入れるのを目的にデザインするとよいと思うのですが。

2007年6月
花壇のミントの葉をちぎって、コップに入れ、水を注ぐだけでミント水。冷やさなくてもちょっと涼しい香りの水になります。レモン水もお勧め。