バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

毎日、鰹節を削って、味噌汁を作っています。鰹節は、問屋さんを見つけて、購入しています。東京であれば、築地にもあります。鰹節を料理店や旅館に卸している店を見つけてください。

鰹節、一本1500円くらい、約1ヶ月もつ。
鰹節削り器5000円くらい、半永久的に使える。

自分で削って、味噌汁を作ると、「だしのもと」に比べて、何しろ味と香りの濃さが全然違います。お試しあれ。
削る時間も、慣れれば、20秒くらいで簡単です。削り節も少ない割りに高くて、ばかばかしくて買えませんし、香りが抜けきっています。

味噌は、仙台の地元の味噌を購入しています。とある日本料理店に卸している昔ながらの味噌やさんです

鰹節と味噌を選べば、インスタントではない本当の「料亭の味」になります。

そのうち削り器の刃を研がなければならないと思います。そのときレポートします。
8年間使っていてまだまだ研ぐ必要はなさそうです。


2006年10月
我が家では鰹節が大活躍です。
モロヘイヤ、インゲン、オクラなど野菜をゆでて、鰹節をたっぷり削って(削り節を買ったらもったいないなと思うくらいの量)、しょうゆと和えるだけ。だししょうゆの効いたおひたしの出来上がり。
カブやきゅうりなど野菜を刻んで、鰹節を刻んで、昆布も細く切って、塩と混ぜて冷蔵庫へ。浅漬けの出来上がり。
本当に子供が良く食べます。ほんとうの「うまみ」、「うまい」と思うものを食べさせたいものです。お酒のおつまみに最適、居酒屋で400円で1人分、家では材料費100円で4人分ですよ。もちろん完全無添加。
鰹節削り器も10年使っていますが、まだまだ壊れる気配すらありません。

2007年3月
そばつゆも簡単に作れます。水に酒を入れ、昆布を小さく切って入れておいて、沸騰させ、鰹節削りをたっぷり放りこむ。十分煮たら、砂糖、塩、しょうゆを入れて、冷凍庫で冷まして出来上がり。自分で味付けするので、自分好みの味が作れます。今日はちょっと贅沢に、鰹節を倍入れてみよう、砂糖多めで甘口に、なんてできますよ。蕎麦を食べたあとは、鍋の底に残った鰹節と昆布をつまみに、もう一杯、あるいは、ゆでた野菜とあえておひたし、なんていかがでしょうか。そばつゆ4人分で、原価は50円くらいです。

2007年4月
鰹節は300gで2000円くらい。これで約2ヶ月持ちます。使い道は、たっぷりの味噌汁にそばつゆ、おひたし、ご飯にかけて、お好み焼きなど多彩。手打ち蕎麦屋、高級料亭と同じ味を1ヶ月1000円でどうぞ。
NEWS