バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

子育てに自家用車は、必ずしも必要ない

郊外の家に住むと、車が通勤用と自家用の2台必要になったりします。そうでなくても一家に一台は必需品とされています。子供が生まれるから、車を買おうか、と考えますが、果たして必要でしょうか。

車の経費は、購入費と、毎年の税金、保険、駐車場、車検、ガソリン代など、10年間で500万円以上になります。軽自動車でも400万円くらいです。毎年、40万円以上もの出費になります。この経費を他に振り向けてみてはいかがでしょうか。

職場に近い場所に住む、雨の日や急病時はタクシーを利用する、買い物は宅配を利用するなど、柔軟にこの40万円を振り向けることで、車のない生活のほうが、ずっと贅沢に暮らせることに気付くでしょう。

車を買いたい、が、いつしか「買わなきゃならない」に変わる、このとき、本当はなくて済むんじゃないか、と方向転換することで、肩の荷が下ります。

工夫次第で何とでもなります。



NEWS