バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

早く寝かせるために

早く寝てくれれば、早く起きるから、早く保育園にいける。

一日のよい循環が生まれます。

大体8時半から絵本を読み始めます。電灯は消して、手元の小さい電気だけをつけています。夏は風呂に早めに入るのが、早く眠くさせるコツです。ということは、夕食を早く用意するか、夕食の前に風呂に入ってしまうのもよいでしょう。

そして9時になったら「おばけでるよーあ、窓でなんか影が動いた!」でおどかして、はいオヤスミナサイ。翌日6時半か7時には起きます。

2007年1月
寒い冬は、少し風呂の温度を上げて、体が温まるようにします。風呂に十分入って、風呂から出たらすぐにパジャマを着せて、すぐに絵本を持って布団へ。ぽかぽか温かい体を冷やさないうちに、寝入るとぐっすり眠れるようです。逆に、夏はぬる目(36℃くらい)の風呂に入り、さっぱりと汗を流して、眠るようにしています。

2007年3月
2歳過ぎると夜泣きも少なくなってきました。寝る間に絵本を読むのが楽しみで、風呂を出たあとで、早く寝ようよと言ってくれます。テレビを切って、早く布団に入りなさい、静かにしなさい、と叱るよりも、子供が自分で眠たくなるような、仕掛けが必要に思います。絵本タイム、大事にしてみませんか。

NEWS