バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

食べ物の好き嫌い

大きくなるにつれて食べ物の好き嫌いが出てきますが、あわてない。

2人とも結構野菜嫌いですが、良く観察してみると、ゆでたブロッコリーや味噌汁の中の大根など、好きな野菜がなにかしらあるのです。

好きなものを良く作ってやって、ついでに嫌いなものを一品一口食べてもらうようにやっています。基本は大人が食べてもおいしいもの、を勧めるようにしています。

大きくなるにつれて、だんだん偏食はなくなっていくものです。あるとき野菜のおいしさに目覚めるのです。大人になった自分がそうであったように。

2006年8月
子供の食べる野菜
3歳過ぎると、だいぶ野菜も食べてくれるようになりました。

モロヘイヤ、オクラは、ゆでて刻んで、鰹節としょうゆの味付けで食べます。
ブロッコリーはゆでてマヨネーズで。
大根、茄子はゆでて味噌汁で。
にんじんたまねぎ白菜は、コンソメスープで。
きゅうりはスティックにして、味噌をつけて。
きゅうりにんじんキャベツは、浅漬けで。
多くの野菜は刻んで餃子にして。

2006年10月
ご飯を海苔巻きにして食べている途中に、嫌いな野菜も海苔巻きにすると良く食べました。翌日は、自分で野菜巻きを作って食べていました。食べなさいと命令するのではなくて、ちょっとした食べたくなるような工夫で良いんですね。

2007年2月
野菜は、おいしいおいしいとまず親が食べてください。おいしい作り方、味付け、見た目になるように、ちょっとした工夫が必要です。鰹節をたっぷり混ぜたり、ケチャップとマヨネーズのドレッシング、ヨーグルトとマヨネーズのドレッシング、粉チーズなど、一工夫で見違えるように食べることもあります。とにかく細かく刻んで、ひき肉と混ぜて、野菜とわからなくするよりも、野菜もそれ自体おいしい、ということを発見させると、いつも食べるようになります。何より見た目、鮮やかな緑や赤、色がきれいじゃないですか。

バターでいためる、ゆでて鰹節としょうゆをかける、味噌汁に入れて煮るが、我が家の野菜料理定番です。ちょっとした付け合わせにどうぞ。

NEWS