バイオとロハスの情報サイト
                   biolohas.jp

 

産休、育休を、おめでとうといえる雰囲気作りを

普段から、同僚の産休をいがみ合っているようでは、自分がいざ産休育休を取る時に、とりづらくなってしまいます。「おたがいさま」「出産がんばって、そして戻ってきて」という歓迎ムードを作っていきましょう。

同じ職場に、産休を取った先輩があれば、時間をとってその経験談を聴くのも、参考になると思います。先輩がいなければ、先駆者として、事務方と十分話し合って、先例(成功例)を作っていってください。

職場の直属の上司、父親のような年代の上司、育児経験のある先輩、子育てに理解のある人事の人、などできるだけ多くの人に相談し、自分の子育てに多くの人の理解と少しずつの協力をいただこう、多くの人を少しずつ負担のない程度に巻き込もう、という姿勢が大事ではないかと思います。

NEWS